実習で実践的に学べる!調理専門の高校はプロへの近道

実習で実践的に学べる!調理専門の高校はプロへの近道

料理中の女性

可能性は無限大

最も多感で吸収力のある若い時期に、自分の好きなことを一生懸命取り組めたら、将来の可能性はさらに広がるはずです。たとえば、料理が好きで将来は料理人になりたいのであれば、調理専門の高校に通うことはとても意義があることでしょう。早いうちに技を修得しておけば、大人になってすぐに活躍することができます。将来設計がより豊かなものになるはずです。

環境で選ぶ

調理専門の高校の数は決して多くはありません。場合によっては、上京して一人暮らしをしながら通うというような生徒もかなりいるはずです。そのため、学校選びは慎重に行なうべきです。生徒へのサポートが万全であるかもチェックしておきましょう。また、授業内容に関しても、どのようなカリキュラムやコースが組まれているのか、しっかりと把握しておきます。実習メインで、最前線の技術が学べるような高校であれば、早く腕が上達するはずです。

実習スタイルを比較!

グループ実習

グループ単位で調理実習します。分担作業になるため、技術の修得レベルに差が出やすいです。交代で作業する場合は、当然すべての技を覚えるためには時間がかかってきます。

個別実習

一人ですべての作業を担当します。下準備から片付けまでトータルで学ぶことができ、負担は大きいですが、流れと技を掴んでいくためにはより実践的な実習となるでしょう。

学生に人気の料理人ランキング!

no.1

パティシエ

ケーキやスイーツをつくるパティシエが人気です。カフェやレストラン、ブライダル関連など就職先も増えています。

no.2

和食

世界的に日本食がブームになっている影響もありますが、やはり母国である日本の料理を学びたいという学生が多いです。

no.3

洋食

フランス料理など伝統的なスタイルの西洋料理が支持されています。留学やコンテストなど、世界を舞台にチャレンジしたいという意欲的な意見も目立ちます。

広告募集中